プロフィール

越路荘

Author:越路荘
新潟県の南部 南魚沼市六日町の温泉旅館です

ぬくもりとやすらぎの宿 越路荘 ブログサイト

源泉掛流しの温泉は昭和32年に湧き出ました。
JR六日町駅西口から徒歩15分

ロビーには甲冑がずら~り   戦国時代の雰囲気満点です
名将 上杉景勝・直江兼続の  生誕地としても有名です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

温泉のうんちく・・・

 2月26日(日)は2月最後の”温泉感謝の日”です。

 1月9日より開始して少しずつお客様にも認知してもらっているようです。
 今年は六日町温泉が出来てから60年の節目の年となります。
 他の温泉地と比べるとまだまだ知名度は低いですが、湯量の豊富さから
 掛流し温泉が楽しめる貴重な温泉なんです。

 日本には数多くの温泉やその種類がありますが、せっかくなので
 六日町温泉の泉質や効能をご紹介します。

 【泉質】 ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

 【源泉温度】 52.9度

 【ph】  7.6  無職透明で無臭

 【浴用の適応症】 一般的適応症

      筋肉・関節の慢性的な痛み、またはこわばり。運動麻痺における筋肉のこわばり。
      冷え性、抹消循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、耐糖能異常、
      軽い高コレストロール血症、軽い喘息または肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、
      ストレスによる諸症状、病後回復期、健康増進

 【浴用の禁忌症】 一般的な禁忌症

      病気の活動期(特に熱のあるとき) 活動性の結核、進行した悪性腫瘍、
      重い心臓病、肺の病気、むくみのあるような腎臓の病気、
      消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期

 【泉質別適応症】

      きりきず、抹消循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症


 【入浴時の注意事項】 多数あるため代表的なもののみ記載

      食事の直前・直後、飲酒後の入浴。特に酩酊状態での入浴は避けること。
      高齢者、子供、身体の不自由な人は1人での入浴は避けること。
      浴槽に入る前に手足からかけ湯をして温度に慣らし身体を洗い流すこと。
      起床直後の入浴は特に脱水症状にならないように水分補給をしておくこと。
      高齢者、高血圧症、心臓病や脳卒中を経験した人は42度以上の高温浴は避けること。
      入浴回数は1日あたり1~2回とし、慣れてきたら2~3回まで増やしても良い。
      入浴中は静かに入浴し、出るときは立ちくらみを起こさないようにゆっくり出る。
      めまいや気分が悪くなったときは近くの人に助けを求めつつ、頭を低くして浴槽からでて
      横になって回復を待つ。
      身体に付着した温泉成分を温水で洗い流さずにタオルで水分をふき取り着衣後30分
      程度の安静を心がける。
      (肌の弱い人、刺激の強い泉質、塩素消毒されている施設の場合は温水で流した方がよい)
      脱水症状等を避ける為、コップ1杯程度の水分を補給すること。

  以上が温泉分析書に記載されている事項です。(一般的な注意事項も含まれています)
  
 ・ナトリウム塩化物泉は身体の皮脂と結合し皮膚の表面を覆うことにより水分の蒸発を防ぎ
  その結果湯冷めしにくく、いつまでもポカポカと温かさが持続するのです。

 ・ph(ペーハー)が7.6と弱アルカリ性の温泉です。酸性の温泉は刺激が強くピリピリとした
  感じがしますが六日町温泉はやわらかくさらっとした肌触りが特徴です。

 ・低張性高温泉ってなに?  低張性とは体の細胞より浸透圧が低いと言うことで温泉成分より
  水分の方がより多く細胞に浸透すると言うことです。すべすべのお肌に仕上がります。
  高温泉は源泉の涌き出し口温度が42度以上を示しています。

 ・体の表面で温められた血流は体の芯の部分を通りまた廻ってきます。身体の芯まで温まるのは
  このためですね。

 ・体温が上がってくると汗をかきます。疲労物質の乳酸などが汗と共に排出されて疲労が和らぎます。
  筋肉や関節もほぐれて筋肉痛や関節痛も改善されていきます。

 ・温まって血流が良くなることで血行の改善も期待されます。デトックス効果ですね。

 ・血流が良くなるとその分、血圧が下がります。低血圧の人や高血圧症でお薬を飲んだばかりの
  人は血圧が下がりすぎることも考えられますので注意が必要ですね。

 ・疲れが取れたり、ゆっくりと温まることでリラックスできて結果としてストレス解消に繋がります。

 ・温泉はそのままの状態で利用できればいいのですが湯量や消毒などの条件により
  加水(水を加える) 加温(温水を加える) ろ過(循環式のろ過) 循環(温泉の再利用) 
  消毒(塩素剤を加える)などの方法を用いています。

  越路荘の大浴場は源泉かけ流しを行っています。加水やろ過、循環なしでお湯を引いています。
  その為、毎日夜中にお湯を全て落としてお掃除して早朝よりまたご利用頂けるようにしています。
  100%源泉かけ流しの数少ない温泉をお楽しみいただけます。

     日本人は昔から温泉が大好きで、疲労回復、病気や傷の治癒に用いてきました。
     六日町温泉は疲労回復などに効果が期待され温泉旅行にはピッタリだと思います。

     開湯60周年の今年は様々なイベントやプランも企画される予定です。
     はじめての方もリピーターの方も是非、六日町温泉を存分にお楽しみ下さい。

スポンサーサイト

コメント

Secret